テニスと仕事でTFCC損傷(50歳 男性 医師)

★来院時の症状★

半年前から左手首が痛くなり、TFCCと診断を受けた。手首を外内にひねると痛む。左利きでマウスなどは右手で使う。
半年前にテニスを始めて、週2回やっているので、その影響だと思われる。
時々腰痛、運動後右足首が痛い、歩くと左殿部が痛む。

★初見と分析★

手首の痛みの直接の原因はテニスだと思われるが、首肩、腰や前腕(肘から手首の間)がガチガチになっているので、日頃の疲労も影響していると思われます。
全身の筋肉の硬結(こりかたまり)を緩めて、手首と前腕の調整をすることで改善させていきます。

★施術内容★

初回は全身の筋肉の硬結(こりかたまり)を深層筋から緩め、特に腕、手首の調整を重点的に行う。

2回目来院時、左手首の痛みはだいぶ良くなっており、少し残っている程度になった。今回の施術は初回と同じで全身と手首、前腕の調整。

3回目来院時、左手首の痛みは少し残っている。
今回の施術も前回と同じで全身と手首、前腕の調整。

4回目来院時、左手首は力を入れた時に少し痛みがある程度にまで回復。

その後は、テニスでボレーとかストロークの時に少し強い衝撃があると感じる程度にまで回復している。

★評価・コメント★

TFCCは医療機関では保存療法(使わない、安静に)を指示されることが多いです。当院では状態がひどくなければ、スポーツを中止することもありません。
当然、使わない方が早く改善しますが、サポーターをしながら、支障のない形で
スポーツを続けることもできます。
動かさないことで改善が遅い場合もありますから臨機応変に対処していきます。