長く歩くと膝が痛い(40歳 男性 会社員)

★来院時の症状★

17、8年前に左膝の靭帯を損傷したが、その後は回復して良好。
去年の10月頃に左膝をひねり、それ以降膝が痛い。
今は、長く歩くと左膝が痛くなってくる。また、あぐらをかいた後に動き出す時は左膝が痛い。少し肩こりは感じるが腰痛は感じない。

★初見と分析★

左膝は腫れや熱感はなし。
左膝裏の張りと太ももの裏(外側)の張りが強く、その影響で膝の痛みが出ていると思われる。体重が100㎏以上あるので、その影響も大きい。

★施術内容★

初回は下半身の筋肉の深層筋を緩め、特に硬くなっている膝裏と太ももの裏の筋肉をしっかりと緩めました。
また、腰の筋肉、特に左の張りが強かったため、そこも重点的に施術。

2回目の来院時には左膝の痛みは大分改善しており、膝の腱のつっぱりがまだ気になるとの事。今回は全身施術と左膝の施術を重点的に行った。

3回目の来院時には左膝の痛みは来院前の20%まで改善したとの事。
歩き続けた時とあぐらをかいた後の立ち上がりで少し違和感がある様子。
今回の施術も前回と同じで、全身と左膝、左腰を重点的に緩める。

4回目の来院時も少し左膝の違和感が残っていたのと、以前は左のふくらはぎも痙攣があったということなので、今回は左腰を重点的に施術。
セルフケアとして太もものストレッチと腰のエクササイズを説明。

その後は左膝の痛みはほとんどなくなりました。

★評価・コメント★

左膝の痛み自体は膝裏と太ももの裏側の硬結(筋肉のこりかたまり)が原因でしたが、根本原因は腰にありました。
腰のエクササイズとダイエットで同じ痛みを繰り返さない体に変えていってもらいたいと思います。